×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ALBERTO CANTO(アルベルト・カント) Cutaway Thinline


以前ヤフーオークションにて中古で購入した、問答無用のメインギター。
ネット上でのやりとりのみで購入したので、少し不安だったけど
出品者の方がとても親切な方で(ちょっとチャーミング)、それに少し感動した。

2001年、スペイン生まれのこの楽器。
仕様は(もしかしたら違うかもしれないが)


表板・・・ドイツ(?)松単板
横、裏板・・・ローズウッド合板
ネック・・・マホガニー(黒檀補強)
指板・・・黒檀
駒・・・ローズウッド
ピックアップ・・・FISHMAN PREFIX PROBLEND

と、いったところである。

一番の特徴としてはなんと言ってもボディの薄さ、約65oである。
抱きやすく軽いのでとにかく弾き易い。
付属の専用ハードケースも、これまた軽いので持ち運びも楽チン。
ピックアップも搭載されていて、いかにもライブ用に設計された楽器なんだけど、
生音も結構良いんだなこれが。
ボディが薄い分、余計な倍音などが抑えられてか、音の分離が良くて、
そこいらの大量生産の標準サイズのギターには全然負けていないと思う。
非常に重宝している。

ところでこのアルベルト・カントというメーカー(製作家?)はネットで検索してみても
殆ど情報が出てこないのである。結構マイナーなのか?
愛用している楽器だからこそ、どのような場所で、どのような規模で、どのような職人さんが作っているのか非常に気になる。

(もし、このページを見た方の中でアルベルト・カントについて何か知っておられる方がいらっしゃいましたら、是非メール下さい。)


>back